カテゴリ: ∟木工事( 13 )

着工106日目、ちょっとだけ広い1Fトイレ

なんの昨日の記事は、

 1000PV(ページビュー)越え      (゜ロ゜)ギョェ

 訪問数 150人(ユニークユーザー)越え ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

さすが、シューズクローク マジック。

それだけ、皆さん、玄関収納に困っているんしょうね。

私も注文住宅にしようと決断した時から、シューズクロークはMust条件でしたから。


それにしても、この閲覧数は・・・・・

もしかしたら「構造見学会」や「完成見学会」の見学客数くらいいっているのでは?!

急に、過去の記事で間違ったことを書いていないか不安に・・・・

 (((゙◇゙)))カタカタカタカタカタカタカ

※イワキの営業さんへ
 私としてはカタログ・御社HP・関連会社HPで確認し掲載しています。
 もし間違った内容があれば即修正しますので、連絡をお願いします。



さて、本題へ。

今日の内容も造作途中シリーズ、1Fトイレ編です。
c0176271_0565457.jpg


何の変哲もない、普通のトイレスペースですが、

ちょっとだけ頑張ったところが、向かって左側の300mm棚+25mm角の白タイル
c0176271_0571556.jpg


最初は、手洗い器付近だけだったのですが、

最後に、カウンタ上H300で壁一面に変更

白タイルと白目地・・・・汚れとの格闘が  (⌒_⌒;

それでもかわいさを取ったandran家。


実は、ここで一番頑張ったのは、カウンターを設置するスペースの確保

それを実現するために、和室に多大なる影響が・・・・・

 詳細 → 「お父さんのメモ ~子供の気配が感じられるリビング」

和室を犠牲にしてまで、このスペースを確保したのは、

トイレ滞在時間の長いお父さんの、ちょっとした贅沢。(●^皿^●)

決して、お父さんがトイレで読む雑誌を置くため ではありません。(((((°°;)



実は、床材もタイル。
c0176271_0582555.jpg


300角タイル(ネバダサンド)+白目地

また白目地。

andran家って、目地はすべて白だったっけ?

冬で素足だったら寒そうだけど、トイレってスリッパだから問題なし。

左奥に見えるのは、澄家Ecoの排気口

ここからトイレの臭気を排出してくれます。

他の部屋の排気と違い、トイレの排気だけは熱交換せずに屋外へ排気されます。
c0176271_102155.jpg


澄家Ecoは、我が家の大事な熱(お金)を守ってくれていますが、

流石にトイレの熱までリビングに循環されてしまうと、ちょっと気持ちが悪い。

そうならないように配慮されているんです。 フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!


いや~、おうち作りって本当に面白いですね。

ブログでは知った気に書いていますが、

写真から情報取得 ⇒ 仕様書を見直し ⇒ ネットで検索 ⇒ 理解

を繰り返しています。

ので、一つの記事を書くのに2~3時間・・・・

おうち作りが趣味と化しているバカ施主こと、お父さんでした。
[PR]
by an-dran | 2012-03-03 01:04 | ∟木工事

着工105日目、あんまり広くない玄関&シューズクローク

見て分かる通り、先週土曜(2月25日)にカウンターを設置しました。

上から
 トータルPV
 昨日のPV
 今日のPV
 ※PVとは、PageView(ページビュー)の略

記事をアップした日は300~450PV   (*^ワ^*)

アップしていない日でも100~250PV   w(゜o゜*)w

以外に多いことにちょっとびっくり。


もう少し詳細にアクセス解析すると・・・・・

意外に多いのが、GoogleやYahooから「シューズクローク」のキーワード検索で、

訪問するお客さん。


ということで、本日は造作途中シリーズの玄関&シューズクローク編・・・・

でも、andran邸の玄関はあんまり広くありません (_ _|||)
c0176271_2375189.jpg


ダイニングの入り口から見た写真。

向かって左が玄関、正面がシューズクローク入口です。

土間は150角タイル(ネバダベージュ)&白目地(幅10mm)。
※まだ、目地が入っていません。

白目地は汚れが目立つと言われていますが、我が家の1年後はどうなるのか、

ちょいと心配です。 (A;´・ω・)フキフキ


そして、シューズクローク。

見ての通り、奥行が有りません。

壁の芯~芯で910mmですので、実質の内寸は約800mm。

更に、奥行300mmの可動棚を設けるので、

スペース約500mm・・・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

「カニ歩きで入るシューズクローク」となっています。


建具も・・・・

汚れを考えて、引き戸にしたかったのですが、

引き込みスペースが取れなかったので、開き戸


いやいや、それでも、

お父さんはシューズクロークが欲しかったんです、

それも、入り口と出口があるシューズクロークが 八(^□^*) タノム!!
c0176271_239505.jpg


出口側は、アーチ垂れ壁 (*^-^*)

そして、見えるところには見栄を張るお父さん。

玄関を明るくするための窓は、しっかり木製サッシなのさ ∑d(・ω・*)


そして、玄関は言って正面には・・・
c0176271_23103082.jpg



我が家にしては大きめの、照明付きニッチ

(andran母が)ココにディスプレイして、お客さんをお迎えします。

何を置くかいまから楽しみです。  ( ̄m ̄*)


ホントは、玄関には他にも「間接照明」や「ガラスブロック」などを

提案したのですが、ICさんにみんな却下されました。

あまり、五月蠅くなりすぎるそうです。 (・ε・`*) ...




という感じが、andran家の玄関

狭くて妥協もありますが、精一杯頑張ったandran家の顔です。
[PR]
by an-dran | 2012-03-02 00:00 | ∟木工事

着工102日目、木工事完成立会

いつの間にか、着工から100日経過   Σ(Д゚;/)/…エエ!?

(前回の記事で「着工100日目~」と書きながら、気づかないとは・・・)

そして、とうとう木工事完成立会が2月26日(日)14時~15時半で行われました。

ということで、何度も何度も読み返した図面を片手に行ってきました。

 ε=ε=┏( >_<)┛ ズベッ(ノ_ _)ノ



まず、言葉の定義から

 木工事完成検査とは:
 木工事が完成した段階で打合せ通り出来上がっているかどうか確認し、仕上げ工事に着手する。

これって具体的に何を確認するか難しいですよね。

すべての寸法を間違えがないか確認することなんて、到底不可能。

かと言って、図面を見ながら漫然と説明を聞いても、確認になりません。



ということで、お父さんは以下のポイントを確認する事にしました。

 「造作家具の寸法に間違えはないか」

 「自前の家具を置くスペースは確保されているか」

 「その他、実物の寸法で問題はないか」


このポイントに基づいて、実際に確認したところは
(これから書く内容はお父さんのメモ。写真まで読み飛ばしてください。)

 ・ダイニングカウンター&棚の寸法確認
 ・キッチン作業台の寸法確認
 ・キッチンカウンターの寸法確認
  →・・・・・
 ・冷蔵庫スペースの確認
 ・水屋スペースの確認
  →冷蔵庫と違い、andran家ユニークの大きさなので。
 ・洗面台の寸法確認
 ・洗面脱衣室の固定棚の寸法確認
 ・洗濯機の排水管位置
  →先輩ブロガーさんが排水管位置で苦労していたとの思い出したので。
 ・トイレ棚の高さ確認
  →あれ、ここ確認したっけ・・・?
 ・漆喰と壁紙の境の確認
  →仕分けにより、2Fは壁紙なんです・・・・。
 ・階段照明高さの確認
  →図面通りの高さだと、頭に当たりそう。
 ・ニッチ(玄関・階段・2階)の高さ・大きさの確認
 ・アトリエの机&棚の寸法確認
  →あれ、ここも。写真はいっぱい撮ったけど、寸法を見ていないような。
 ・アトリエ収納に入れる自前タンス(大)スペースの確認
 ・子供部屋の机&棚の寸法確認
 ●主寝室のTV台設置スペースの確認
 ●書斎の机設置スペースの確認
 ・WICの枕棚変更高さの確認
  →マルチメディア情報配線システムのパネルが、デカかった。
 ・サッシ(開き戸&滑り出し)の開け方の確認
  →引違いに比べて特殊なんです。
 ・ベランダ物干し金具の使い方の確認



さて、今回の記事に取り上げるのは●の2つ。

理由は、24時間換気システム「澄家Eco」の室内排気口&室内吸気口の位置と、

自前の家具が干渉するかを、事前にチェックできていなかったからです。
c0176271_23173682.jpg

これが「澄家Eco」の概略図。(マーベックスさんのHPよりお借りしました。)

赤線枠の室内排気口&室内吸気口が床にあるため、

場所によっては、家具の足に干渉するのです。




実は、前回の立会(電気立会)の時に、リビングと和室については、

現場監督さん・設計士さんの指摘で、場所移動していました。
c0176271_23192956.jpg

これが和室。 

 あれ、初公開?! (^_^;)

排気口(白矢印)と家具が干渉しない、吊り押入れの下のスペースに移動していました。


c0176271_23204114.jpg

こちらは書斎。

 あれれ、こちらも初公開?!  (A;´・ω・)

 別名『独房』と呼ばれている書斎

 現場監督さんには、「コモリ感があっていいですね」って言われました。(*^-^)


しかし、書斎の排気口(白矢印)位置が、家具と干渉するか

完全に確認し忘れていました。 (ll゚д゚ll)


写真はありませんが、主寝室も。 il||li(つд-。)il||li



ということで、急いで『お父さん机』と『TV台』の寸法を測りに帰って、

実際に排気口を踏まないことを確認できました。






電気立会の時に、他の部屋の吸気口/排気口の位置を確認しておけば、

今回、全く慌てる必要はなかったのですが・・・・・・・・・反省
[PR]
by an-dran | 2012-02-27 23:28 | ∟木工事

着工100日目、ロフトがある子供部屋

昨日、インフルエンザになったハグ(娘)、、、、、、。

なんと、今日、熱が下がっていました。

(ホントにインフルエンザだったか疑いたくなるくらい)

免疫力って凄いですよ。



さて本日のネタは、

外観公開&HM公開で中断していた、造作途中シリーズ。

子供部屋編、第2回です。
c0176271_23282541.jpg


子供部屋と言えば、勉強机が主役。

すぐにでも紹介したいのですが、見ての通り (; ̄ー ̄A ・・・

なので、今日は、その上のロフトの・・・・
c0176271_23315249.jpg


柵です。

iwakiさんのロフトには、大抵、この柵が付いています。

何の変哲もない、ホントに角材を打ち付けただけの、

ぶっきらぼうな柵。

これが、お父さんのツボ。

無愛想なんだけど、お気に入り。


意味不明な説明で、申し訳ありません。

でも、iwakiのおうちが好きな人は、たぶん同じなんではないかと、
勝手に想像しています。(違ってたら、スミマセン)




ロフトがあるということは、それだけ天井が高い。
c0176271_23375739.jpg



床から 3.3m そこから、勾配天井。

ィ━━━d(`・∀・)b━━━ィ!!!


ちなみに、途中の段差(白線の部分)は、構造上必要な梁を隠すため。
見せる梁(化粧梁)にすることもできたのですが、そこまで贅沢できません。




それでも、子供部屋はandran邸で最も贅沢な個室です。

 ・南向きの大型窓で明るい室内

 ・ロフトの下の机に着けば、コモリ感で集中

 ・机から離れれば、高い天井の開放感でリラックス

 ・ロフトに上がれば秘密基地



おとうさんが子供の頃、理想にしていた空間ですね。

自分が使うことは出来ないけど、自分の子供に与えることが出来る。

ちょっとした達成感です  (*^~^*)ゞ

子供が同じように感じるかは、別の問題ですけどね (; ̄ー ̄A
[PR]
by an-dran | 2012-02-26 00:00 | ∟木工事

着工97日目、小窓がある子供部屋

この頃大工さんは、朝早くから夜遅くまで頑張って頂いているようです。

木工事完成立会が、次の日曜(2月26日)に決まったので、

それに間に合わせようとしているのでしょうか。


お父さんが出勤するときには、既に仕事を始めており、

お父さんが帰宅するときにも、まだ仕事を続けています。

本当に頭が下がります。 <(_ _*)> アリガト



さて、今日のネタも造作途中シリーズ。

そして、最後の造作場所、子供部屋です。

c0176271_22474341.jpg

(この写真は先々週分です)

日当たりが良く、庭からよく見えるこの窓は、

もちろん大型スクエア木製サッシ

ホントに大きいです。 \(○^ω^○)/





そして、子供部屋で目玉となるのは、

この造作建具の白い小窓 Σd(≧ω≦*) グッ
c0176271_22484436.jpg


チェッカーガラス入り (●^皿^●)にまー・・・

(まだまだ造作途中なので、大工道具があるのが残念)

お父さんのお気に入りポイントの一つ。

リビング・ダイニングにいる親の気配が感じられる小窓。




リビング・ダイニングから子供の気配が感じられる小窓。

母:「晩ごはんできたよ~。」

c0176271_22501213.jpg

うん。イメージ通り ((●≧艸≦)



思い入れが大きいので、子供部屋は次回に続きます。
[PR]
by an-dran | 2012-02-23 00:00 | ∟木工事

着工95日目、造作途中の洗面台

ウィークディは現場が見れません (´ω`。)グスン

なので、また土曜日の「勝手に現場見学会」からの写真です。
※「勝手に~」と書いていますが、ちゃんと大工さんの了解を得て写真を撮っています。

そこは洗面室。
c0176271_2321875.jpg


我が家の洗面台は、造作です。

I工務店さんでは造作が標準と思われるくらい、

完成見学会、モデルルームでは造作の洗面台が設置されていました。




我が家の造作の内容は・・・・・


・シンク:TOTO製実験用シンクSK6
c0176271_2324131.jpg

 (TOTOさんのHPからお借りしました。)

 すでにTOTOの箱がありますね。この中に・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
 

 

・洗面台:白タイル

 同じHMさんでお家を建てた先輩ブロガーさんが、
 
 タイルの目地汚れに苦労しているのは認識していました。

 それでも「タイルが良い」(‐”‐;)

 (andran母談)




・水栓:グローエ アラベスク壁出バス混合水栓
c0176271_2332698.jpg


 壁出しにして、なるべく目地に水が付かないようにしています。

 「絶対、グローエ!」ヾ(≧血≦;)ノ

 (andran母談)

 このハンドルが良いそうです。


と言うことで、完全に Designed by andran母 な洗面台でした。
[PR]
by an-dran | 2012-02-20 23:07 | ∟木工事

着工94日目、木製とアイアンの手摺

今日は日曜日で、現場もお休み( _ _ )..........o

家づくり熱が冷めないお父さんは、

外出はしたくないと言うハグ(娘)を、スマイルプリキュアの食玩で釣って、

I工務店さんの構造見学会に行ってきました。


内容は、「2×4工法」「アクアフォーム」「APM工法」「澄家Eco」etc.

いままでブログを書くために、調べまくった情報がいっぱい(*゚▽゚*)

カタログもいっぱい (*≧▽≦)bb

でも、契約済みの人間が貰って帰るわけにもいかず (´;ω;`)


契約した後も、完成見学会やら構造見学会やらに行ってしまう施主って、、、

我ながら・・・・バカ施主。



さて話を戻して、本日の記事も昨日の「勝手に現場見学会」のこと。

テーマは手摺

ようやく、リビング吹抜けに手摺が付きました。
c0176271_2354844.jpg


といっても、何の変哲もない木製の手摺なんですけどね。

当初はアイアン手摺を提案されていたのですが、、、、、

andran母も、I工務店ならアイアン手摺と決めていたのですが、、、、


めっちゃ高かった (((((*ノДノ)


いえいえ、お父さんとしては木製手摺良かったんです。

アイアンだと隙間が大きいので、子供が落ちる心配があるし。

木製サッシともマッチしているし o(TヘTo)

c0176271_2362684.jpg


でも、実際の木製手摺を見たら、いまではお気に入り。

養生していてみえませんが、

手摺の隙間の向こうには、ベランダ掃き出し窓からの光が!

(*^-^*) ニッコリ☆

c0176271_237680.jpg





さて、アイアン手摺ですが、

実は仕分けされずに生き残ったところがあります。

2階から階段で降りて頂いて、

c0176271_2374575.jpg


途中、極小ニッチ(笑)を左手に見て、

c0176271_2381618.jpg


コの字に曲がり、

c0176271_2385864.jpg


そして、ダイニングが見えるココ!!
(ハグも「勝手に現場見学会」には必ず出席する、立派なバカ施主)

c0176271_239281.jpg


ココの手摺が、アイアンなんです。

c0176271_2395935.jpg


設置されるのはもう少し先ですが、めっちゃ楽しみ(*≧m≦*)



統一化・・・・・

まぁ、いいじゃないですか ( ・3・;)~♪
[PR]
by an-dran | 2012-02-20 00:00 | ∟木工事

着工93日目、平面図と立面図のアンマッチ

待ちに待ってた土曜日、寒かろうが雪が降ろうが、

行ってきました「勝手に現場見学会」

 ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー


木完立会(木工事完成立会)が2月25日(土)とのことで、

木工事もいよいよ大詰め。

今週、キッチンが一挙に進化しました (●>ω<●)
c0176271_23371527.jpg


まずは、キッチンの造作作業台。

上面の作業台は白タイルになる予定。

パン作りが好きなandran母は、ここで生地をコネコネ。

早く、andran父が好きなメロンパンとクリームパンを作ってくれー

 o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク


作業台下は、パントリー(食料をストックしておく収納)。

本当は、天井までの収納だったのですが、

作業台を大きく取りたかったので、寝かせました。

内部は、3段の可動棚

建具は、ベンジャミンホワイトな4枚折れ戸の造作建具。

 (o´ω`o)ぅふふ


少し視線を上に移すと・・・・・
c0176271_23382574.jpg


無垢な板が渡しています。

見せる収納、飾り棚。壁は漆喰で真っ白。

ウォルナット色の飾り棚が強調されます。

どんなものを置くか、センスが問われそう

 ( ̄ー ̄; ヒヤリ



さて、続いてはダイニングから見たキッチン。
c0176271_2339178.jpg



写真がちょっと暗くて、スミマセン。

実はこの時、少し動揺していたのです。

 。:゜(;´∩`;)゜:。


ココは、キッチン流し台前のカウンター。

andran家の顔とも言える場所なのです。


しかし、andran父が認識している顔と若干異なるのです。

それは、カウンタ上部の垂れ壁。
c0176271_23511078.jpg


垂壁は、ここまであるはず(赤線)。

その下にFIX窓(白線)が来るはずなのです。

しかし、いまの状態ではFIX窓がカウンターの真ん中に・・・・・。


実はこの日、偶然にも現場監督さんが来ていました。

(今までの「勝手に現場見学会」の時はいたことが無いのですが、幸運にも今日はいてくれました。)


早速図面で確認して頂きました。

すると、すぐに原因が判明。

平面図と立面図で形状がアンマッチになっていたようです。

 平面図で製作していた大工さん/現場監督さん。

 立面図で形状を認識していたandran父。

では、なぜアンマッチになったかというと、再三にわたる形状変更。

その変更が、立面図には織り込まれていたけど、平面図にまで織り込まれなったため。


原因が分かった後、現場監督さんの判断が早かった。

すぐに、垂壁を厚くしてFIX窓を設置場所を変える指示を、大工さんにして頂きました。

 アリガトォ(/o^∀^o)/


この件に関して、現場監督さんにも大工さんにも責任はありません。

それでも嫌な顔一つせずに、当たり前のように対応して頂きました。


人間なので間違えを0にすることはできません。

重要なのは、その後の対応です

その意味で、施主の信頼度を高めた出来事でした。
[PR]
by an-dran | 2012-02-19 00:00 | ∟木工事

着工87日目、予想外に良かったので、残念なポイント

昨日の記事は、感激のあまり外観の漆喰ばかりでした。

「勝手に現場見学会」では、もちろん屋内も見てきましたので、

本日の記事は内装関連を (*^-゚)vィェィ♪



昨日2/11は、祝日(建国記念の日)だったんですね。

それにもかかわらず、若い大工さんが一人頑張って作業されていました。

 アリ(´・ω・)(´_ _)ガト♪

にもかかわらず、andran親子3人でいつものようにドカドカとお邪魔させてもらいました。

更に、今回は、電気立会以来の2F&小屋裏まで見せて頂きました。

 アリガトウ<(_ _<(_ _<(_ _)>_ _)>_ _)>ゴザイマスッ


その時の写真がこちら。
c0176271_22373888.jpg


初公開、「andran母のアトリエ」

造作机、造作の2段棚、小窓木製サッシ。

部屋にすることが出来なかったので、設備を充実させました。



机には、2台のミシンを置いて。

棚には、お気に入りの布端切れを入れた瓶を飾るのでしょう。

リビングからも見えるところなので、センスの良いディスプレイが要求されるところです。

(andran母、よろしく!)



さて次は、主寝室。

昨日の記事でも紹介した、2連小窓の木製サッシ。
c0176271_22375946.jpg


しかし、今日は本題はこちらでなく、右側。

大型スクエアサッシの景色です。
c0176271_223826100.jpg


予想外に、海までの視界が抜けていました。

更に、夜、ライトアップされる○○大橋(通称:●●ベイブリッジ)が見えるではありませんか。

 \(○^ω^○)/


その時、「はッ」としました。

この窓から景色が見えるということは、

この窓は、道路から見えるということを。

 (  ゚ ▽ ゚ ;)ハッ!!


家族以外見えないこの窓は、コストダウンのため

木製サッシ→アルミサッシにグレードダウンしたところ。
c0176271_2240746.jpg


||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||  マジっすかーーーー!?

まさに、天国から地獄へ。

6か月前のコストダウン検討の時には、グッドアイデアと思ったのに・・・。

あの時の自分に言いたい「そのアイデアは間違っているよ」と。


教訓 「窓を考える時は、隣家の高さも考慮すること」

隣の自転車小屋は、2階建てではありません。

_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_
[PR]
by an-dran | 2012-02-13 00:00 | ∟木工事

着工83日目、屋根断熱のお勉強

今日も断熱のお話です。

この頃、断熱材の記事が続いているのは、
高断熱や高遮熱を売りにしているI工務店さんと契約したにもかかわらず、
その構造を全く知らなかったとを、家が建ち始めて改めて気づいたからです。

何より理系のお父さんにとって、その構造を知ることは何より楽しいんです。

(^―^)

ということで、ちょっと退屈な記事になるかもしれませんが、お付き合いください。


それでは本題。
いままでは、基礎、外壁、内壁の断熱の話でしたが、
今回は残ったところ、屋根の断熱です。

現在は石膏ボードが張られていますので、その前の写真です。
勾配天井部分は、「アクアフォーム」で隙間なく充填断熱されています。
c0176271_22402895.jpg


さらにその前はどうなっているかというと、
「AQUAIR(アクエアー)」と書かれた段ボールらしきものが、
すべての天井に張られていました。
c0176271_2242473.jpg

c0176271_22422838.jpg


早速、Google先生に聞いてみたところ、
これも「アクアフォーム」関連資材で、”通気スペーサー”とのこと。

もう少し詳しく言うと、
このAQUAIRによって、屋根の「野地板」と「アクアフォーム」の間に
30mmの通気層を確保するためのもの。

それを図解すると・・・・
c0176271_22425135.jpg

(株式会社日本アクアより)

瓦屋根と部屋の間に通気層があるなんて初めて知りました。

これを見ると、軒天換気口
c0176271_2243352.jpg



APM工法による外壁通気層から来た空気が、
c0176271_2244419.jpg



AQUAIRで確保された通気層を通って、
棟瓦の棟換気口(アクアスルー棟)から排出されています。
棟瓦の隙間にはこんな意味があったなんて知りませんでした。
c0176271_22442694.jpg

c0176271_22464656.jpg



たしかに暖められた空気は、上がっていきますので、
何の動力も使わずに、自然の物理現象によって換気がなされます。


いや~~、戸建っていろんな技術や知恵の結集なんですね。
恥ずかしながら初めて知ることばかりだったので、ちょっと感動です。
[PR]
by an-dran | 2012-02-08 22:53 | ∟木工事

暮らしとハンドメイド


by an-dran

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

家づくり

カテゴリ

全体
はじめまして
ハグ(娘)
ハンドメイド
くらし
お買い物
おやつ
おでかけ
好き
ペット(ショコラ)
家づくり
∟HM選び
∟ローン・税金
∟間取り・設備
∟マンション売却
∟土地
∟基礎工事
∟建方工事
∟木工事
∟外壁工事
∟内装工事
∟外構工事
マイフォーム
∟web内覧会
∟ガーデニング
∟DIY
∟家電・公共料金

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

記事ランキング

その他のジャンル

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

ファン

ブログパーツ

画像一覧