人気ブログランキング |

2011年 10月 30日 ( 2 )

迷惑な施主・・・。

本日、I工務店さんとの打ち合わせに行ってきました。

問題の建築確認申請についてではなく、
床材の色と、玄関ポーチの仕様の変更について。

andran家は、既に建築仕様の最終承認済みです。
着工が遅れているとは言え、このタイミングで仕様変更をお願いしに行ってきました。


本当に迷惑な施主ですね(自覚しています。)
でも、一生に一度の大きな買い物。心残りがあるまま、着工を迎えたくなかった。
そこで、事前にメールで今から変更が出来るかを確認した上で、
本日、I工務店さんのショールームに行ってきました。



ここに至った背景は、先日行った完成見学会です。

濃いめの無垢床材を見てしまって、やられてしまいました。
(特に、お母さんが・・・。)
現在選んでいた色は、「リボスブラウン」
c0176271_22593764.jpg



見学会の床材の色は、「ダークブラウン」
c0176271_22594817.jpg

※写真では赤味が強いですが、もっと暗い感じです。

このダークブラウンの床材と真っ白な漆喰の塗り壁とのコントラストが、Good!!
濃いめにすると古びた感じになるので、そこも気に入っています。

更に、I工務店のICさんの提案で、木製サッシやニッチなどの色も
「カルデットウォルナット」→「タヤウォルナット」に変更。
(I工務店さんにとってはいい迷惑なはずなのに、施主側のことを考えて提案して頂ける
ICさんを、andran家は全面的に信頼しています!!)



そしてもう一つ変更をお願いしたのが、玄関ポーチの化粧梁。
I工務店さんのモデルハウスやオープンハウスでは、ほとんど採用しているデザイン。

今までは無でしたが、我慢できず、お願いしてきました。
andran家も、誰が見てもI工務店さんとわかるデザインにしたかったのです。
※写真の掲載は差し控えますが、andran家の完成時には堂々と公開します。

これで、心残りはありません。



それにしても、I工務店さんには感謝感謝です。
このタイミングの変更にも関わらず、嫌な顔一つせずにキッチリ対応して頂きました。

本当に良いHMさんと契約できたと思った、お父さんでした。


ではでは。
by an-dran | 2011-10-30 23:03 | ∟間取り・設備

お父さんのメモ ~換気システム

お久しぶりの「お父さんのメモ」です。
最近は”にほんブログ村”の”一戸建 注文住宅(施主)”に登録されている家づくりブログを、数多く読まさせてもらっていました。ほんとにみなさん、一生に一度の家づくりを、楽しんでいらっしゃることがわかりました。
andran家も結構こだわった方かと思っていましたが、みなさんの足元にもおよびません。
それで、いまさらながら、図面や仕様書を見直しているお父さんです。


さて、今日は、こだわっていなかった換気システムについて。
まず先に、andran家で採用した仕様です。


■種類
    第一種換気

■メーカー・品番
    澄家E ハイブリッド(エコエア)システム


これはI工務店さんが最初に提案して頂いた仕様から全く変えていません。
あれだけのコスト削減活動をしておきながら、手を付けていない領域です。

理由は、
契約前にI工務店さんのモデルハウスに行った時、

「部屋の中が気持ちいい・・・。」
「空気が違う・・・」

と感じたからです。ほんとに素直な感想でした。
その時に営業さんから、”換気システムが・・・”、”地中熱が・・・・”、”断熱が・・・・”と説明を受けたのですが、その時は全く理解できませんでした。しかし、その快適さだけは忘れることができませんでした。
なので、それを手に入れるべく、I工務店さんの基本仕様の部分は全く変更なしです。


このようにI工務店さんを全面的に信用しているのですが、
その性能について全く無知なのははずかしいので、ちょこっと勉強しました。
(と言っても、インターネットで”澄家E”を検索しただけですが)


換気の種類は

・第一種換気:機器吸気、機械排気

・第三種換気:自然吸気、機械排気


更に、第一種換気には
 
・非熱交換型

・熱交換型
  顕熱交換型=熱のみ交換
  潜熱交換型=湿度のみ交換
  全熱交換型=熱と湿度を交換

があるそうです。
仕様書には”第一種換気”と書いてあったので、「吸気も排気も機械換気なんだ」と単純に考えていました。
しかし、”澄家E ハイブリッド(エコエア)システム”のHPを読んだところ、

「冬と夏の冷暖房の季節は第一種全熱交換型換気」
「春と秋の中間期は第三種換気」

これらを外気温による自動切り替えシステムでした。更に

「地中熱の夏の涼しい床下と冬の温かい床下を利用した省エネルギー快適換気」

c0176271_0311654.gif

c0176271_0313421.gif


とのこと。もう少し詳しく言うと、地中熱と排気熱で冬は暖められ夏は冷やされるベタ基礎コンクリート上の床下温度を室内に取り込もうという換気システムです。

もう一つ気に入った機能がありました。”エコエアシステム”です。

「冷暖房機器の運転時に発生しやすり室内の温度差をファンで強制的に換気させる」
c0176271_032386.jpg

これで冬に、2Fへ逃げてしまった熱は強制的に1Fけ循環させる仕組みです。
実はお父さん、吹抜けとリビング階段にしたことにより、冬が寒くなるのではないかと心配していました。
これで冬も快適になりそうな予感。ちょっと安心しました。


ということで、ここまで勉強したお父さんの感想は、

「+30万円の割に、結構すごい換気システムではないか!!」

です。
地中熱とかハイブリッドとか書かれていますが、機器自体はそんなに目新しいものではありません。
ほんとの地中熱は、「地下○○mの空気を活用」することが本来の姿と思いますが、
「地中熱によって一定温度になったベタ基礎コンクリート上の空気を活用」もいいアイデアだと思います。

一般庶民にとっては、費用対効果が重要です。
このシステムでモデルハウスレベルの快適さが得られるのであれば、
正しい選択であると感じました。


本来、こんなことは最終承認前に勉強しとけよって感じですね。
まぁ、実際に住む前なので良しとしましょう。


他のブロガーさんにとっては当たり前のことしか書いていないので、
ちょっとはずかしい・・かもの、お父さんでした。

ではでは
by an-dran | 2011-10-30 00:34 | ∟間取り・設備

暮らしとハンドメイド


by an-dran

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

家づくり

カテゴリ

全体
はじめまして
ハグ(娘)
ハンドメイド
くらし
お買い物
おやつ
おでかけ
好き
ペット(ショコラ)
家づくり
∟HM選び
∟ローン・税金
∟間取り・設備
∟マンション売却
∟土地
∟基礎工事
∟建方工事
∟木工事
∟外壁工事
∟内装工事
∟外構工事
マイフォーム
∟web内覧会
∟ガーデニング
∟DIY
∟家電・公共料金

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

記事ランキング

その他のジャンル

ブログジャンル

住まいとくらし
花・ガーデニング

ファン

ブログパーツ

画像一覧